2017年04月24日

臨時休業のお知らせ

5月3日水曜日は臨時休業いたします。前日の5月2日は火曜日ですが営業いたします。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。
posted by kaz at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リペア教室

2016年10月06日

良い楽器の出会い方


最近楽器選びに失敗したというお客様のご来店が増えて居るので、
楽器選びに付いて書いてみます。
中には騙されて買ってしまった!と入って来たお客様も居ます。
話を聞くと良い楽器を欲しくて行ったら買わされてしまった。という内容の方が多いです。
インターネットで買って失敗したというお客様も居ます。
インターネットで購入する場合は殆どの情報が無い中で購入するので、賭けに近い購入方法だと思います。
音や弾いた感じなどを言葉で説明するには限界がありますし、フィーリングを感じる事は不可能です。

購入する楽器とどう付き合って行くのかをより明確にイメージする事が大事だと思います。
家で趣味程度に弾きたい方でも、どんな曲をどんな弾き方でとか。
やりたい音楽や、弾き方、プレースタイルで選択肢は大きく違ってきます。
また手の大きさ、身体の大きさなどでも弾き易いという感覚は人によって様々です。
同じメーカーの同じモデルでも多少のグリップの形状の差は有りますし、音の差も勿論あります。
この楽器は当たりだ、とか外れだ!という意見も個人差があります。
それは良い音と感じるのは個人差が有るからです。
バンドの中でプレーする方は自分の楽器だけでなくバンド内の他の楽器とのアンサンブルに合ったり合わなかったりという事も考えなければなら無いでしょう。
その他にも楽器を選ぶには沢山の要因があります。
それらの事を楽器屋さんに行って全ての事を店員さんに理解して貰う事は不可能です。
良い楽器に出会うにはそれなりの経験値が必要です。

楽器購入に失敗したと感じる人は経験値が付く前に高額な楽器を購入する人に多いと思います。
安価な楽器を購入する事でこの経験値が養われるのではと思います。
「子供が楽器を始めたいと言っているのですが、何か良い楽器ないですか?」と来るお客様には
「子供のお金で買わせて下さい。あとはどんな事をしたいのか?それがわから無いとアドバイスのしようがありません。」
そういう風に答えています。
自分で買った楽器だから大事にするし弾ける様に努力もするからです。
楽器の楽しみの一つに少しづつ上達する事は大きな要因だと思います。

大抵の楽器屋さんでは試奏も出来るので、購入前に沢山の楽器を弾くのも大切です。
それと、自分が納得出来る説明をしてくれる店員さんを探すのも大切な要因かもしれません。
何度も話したり楽器の弾き方を見ているとその人の好みの音やプレースタイルが分かるのでより具体的なアドバイスをしてくれます。

その他にも色々な楽器選びに必要な事は有ると思いますが、
良い楽器に出会うにはそれなりの努力も必要です。
車や、服、家を購入するのも友達を作ったりするのと楽器を選ぶのも同じで、
他人からコレが良いよと言われて買ってしまうと納得出来る物と出会える確率は下がってしまうでしょう。

既に楽器を持っている方は先ず、自分の持っている楽器をしっかり調整する事で良い楽器へと変化する可能性もあります。
当店に楽器を売りに来たお客様で後日来店した時に店頭に出してあった自分の楽器を弾いてこんなに弾きやすくてこんなに良い音がする楽器だったのかと驚かれたお客様も居ます。
色々な経験をする事と多くの楽器と触れ合う事が自分が求めている楽器に気づく事が出来、
自分にとっての良い楽器に出会う近道だと思います。
posted by kaz at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月03日

フレット磨きについて

最近フレットを磨きに来るお客様が増えています。
雨も続いたせいかフレットが曇がちになっています。
自分の楽器もつい最近2本磨きました。
委託品を磨いた時の写真があるので参考にしてください。
下の写真は磨く前の写真です。
DSC02932.jpg
磨いた後の写真が下の写真です。
DSC02935.jpg
フレットが錆びると弦がフレットに触れる事で弦も錆びてしまい、弦の寿命を著しく短くしてしまいます。
弦が錆びる事で更にフレットを錆びさせ、場合によってはブリッジなども錆びされる原因になってしまい、プレーにも支障が出てきます。
また、チョーキングやビブラートでフレットの減りを加速する事になります。
錆びさせない為には演奏後に弦とフレットをしっかり拭き取る事をお勧めします。拭き取る事によってフレットや弦の錆びを防ぎ、結果弦の交換時期を延ばす事ができます。
錆びてしまったフレットは金属磨きなどで磨けば弦の寿命を延ばす事も出きますのでお試しください。
当店でもフレット磨きも出来ますのでご相談ください。
自分も含め何人かのお客様は毎回演奏後にフレットを磨くのが習慣にする事が出来ずに数ヶ月に一度フレットを磨きにご来店いただいています。
ほんの少しの事ですが、見た目だけではなく楽器の演奏にも大きく影響をされています。
posted by kaz at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理

2016年09月30日

10月の営業時間

10月は実験的に営業時間を10時から20時で営業します。
ジョイフル本田でのカルチャースクールがあるだい2、4土曜日は午後1時からの営業で、
第1、3金曜日は平井のオトキチさんでのギター診断会をしているので、午後6時までの営業。
その他は基本10時〜20時まで営業致します。
都合により時間変更がある場合はフェイスブックやブログでお伝え致します。
posted by kaz at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

クラプトンSG入荷

クラプトンペイントに塗装したSGモデルが入荷しました。
DSC02856.jpg
ベースになっている楽器はグレコ製の物だそうです。
こちらの商品は委託品です。
フレットに傷が有りますのでご希望の方はご購入時にお申し付け下さい。
すり合わせは通常価格\13.000税別の所ご購入時であれば\10.000税別で行います。

DSC02857.jpgDSC02861.jpg
ペイントは今は無きキッズギターで行われたようです。
ピックガード下にあるサインはキッズギターのオーナーの木戸さんの奥様の物だそうです。

こちらは委託品です。
posted by kaz at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介

2016年06月22日

ブルースジャムセッション

今週土曜日の6/25に毎月恒例になっているブルース セッションを行います。
参加費\500で誰でも参加できますので、是非ご参加ください。
楽器の貸し出しはしませんので、楽器持参でお願いいたします。アンプは当店の試奏用アンプをお使いください。
午後2時から5時の予定です。駐車場が一杯になっていたら近くの公園の駐車場を使って頂きますのでお声がけください。


DSC02717.JPG
posted by kaz at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月16日

マンドリンの改造

昨日、秋山浩徳さんからマンドリンの改造の依頼があり初めての作業でしたがやってみました。
DSC02731.jpg
ハイポジションのフレットを抜いてフレットの溝まで削り取る作業です。
ハイポジションはフレットの間隔が狭いので抜くのが大変でしたがギター用の工具でなんとか抜くことが出来ました。
DSC02733.jpg
その後トリマーを使って指板を削り取ります。
DSC02734.jpg
トリマー作業の時にバインディングの接着部分が弱くなり剥がれたので補修をしてからペーパーとヤスリを使い指板面を整えました。
DSC02736.jpg
DSC02737.jpg
最後に弦を張って出来上がりです。
秋元さんにもトリマー作業で楽器を固定して貰ったりお手伝いして頂きました。
写真ボケちゃいましたがこんな感じです。
DSC02738.jpg
posted by kaz at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理

2016年02月28日

昼jam始めます〜

4月から毎月第4土曜日に富里店で午後2時から午後5時頃までブルースセッションを行います。
参加費などまだ未定ですが、楽器を持ち込んで頂けたら誰でも参加出来る音楽交流の場にしたいと考えています。
日常に生音が聞ける環境は大事な事だと考え誰でも参加出来るし、もちろん聞くだけでもオッケーです。
詳しい内容が決まり次第告知いたします。29903797_2200257463_244large.jpg29903797_2200257430_99large.jpg
posted by kaz at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月22日

ネック調整、弦高調整のレクチャー

11/1日曜日12時から富里、錦糸町の両店で2回目となりますが、
ネック調整、弦高調整のレクチャーを行います。
内容はトラスロッドを回してのネック調整と、弦高調整をレクチャーし、参加者の楽器をそれぞれ参加者ご自身に調整して頂きます。
アコースティックギターで参加の方はサドルを削っての調整はいたしませんので、調整可能な楽器の参加者の楽器を見て参考にしていただきます。
ご自身で自分の楽器の状態を把握出来るようになり調整も出来るようになれば楽器購入時や楽器管理にも役立てて頂きたく企画しました。
当日はご自身の楽器1本と使用している弦をご用意ください。
参加費はお一人\3.240で約一時間程度を予定しています。
参加希望の方は予約が必要ですので参加希望の店舗に電話又はメールでご持参の楽器名とご連絡ください。
参加人数も限定させて頂きますので定員数に達しましたら締め切らせて頂きます。
posted by kaz at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | リペア教室

2015年10月11日

良い音とは、、、

中古楽器の販売で良くある質問は「音は良いですか?」とか
「良い楽器ですか?」などなど、音に関する質問を良くされます。
今まで「音に関しては好みなのでお答え出来ません。」と答えて来ました。
今もこの質問には同じように答えています。ただ自分の中での好みの音や楽器はあります。
今から話す事は個人的な意見ですので、楽器を選ぶポイントや音の好みは人それぞれだと思います。
楽器に関して言えば、まず持った時のしっくり感(楽器の重さ、グリップの感じ、弾いた時のテンション感など) が自分の身体にしっくり来るのかが気になるポイントです。
楽器の状態は治せる範囲でしたら私は気にしません購入後必ずリペアや調整をするからです。
これは好みのセッティングが標準的なセットアップで弾いていない事があるのかもしれません。
個人的に楽器を選ぶポイントは音以外では上記のポイントです。

音ですが、
これは自分の好みの音で選ぶので説明するのが難しいし、他の人に話しても意味のない事だと思うのでここでは話しませんが、自分の好みの音が何で有るのかという事を話したいと思います。
良い音とは自分の好みの音だと思います。なので「良い音ですか?」という質問には答えられないのです。
好みの音は変化します。10年前に「良い音だな」と思った音と今「良い音だな」と思う音は違います。
それは経験値の問題なのではと思います。
より多くの経験が自分の好みを確立させ、そして好みを変えて行くのだと思います。
より多くの音楽を聴く事や色々なシチュエーションで音楽と触れ合ったり、楽器を演奏したり、
そういう事から自分にとっての良い音をイメージする事が出来るのではと考えます。
その為にジャムセッションやライブに出かける事や、ライブをする事、楽器屋さんなどで多くの楽器に触れ合う事はとても大事な事ではないでしょうか?
そういう所から自分の好みの音やセッティングが見つかります。
当店にもお立ち寄り頂けたら出来るだけアドバイスはするように心がけています。
多くの楽器や音楽に触れ合う事が自分にとっての良い楽器や良い音に出会えると思っています。

DSC00084.JPG
posted by kaz at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記