2011年06月11日

スーパーローアクション

今日イギリス人のお客さんがいらっしゃいました。
以前に一度ご来店いただいたお客さんなんですが、最初にご来店いただいた時にベースの弦高を可能な限り低くしたいとの事でしたので、
店頭のベースを1弦1mm、4弦で1.5mmのセッティングにしたベースを渡すともっと低くしたいとの事でしたので、
お客さんの持っているベースをみたいので、また来てくださいと伝えると今日自分のベースを持って来てくれました。
弦高を計ってみると、0.5mmから4弦で1mmでした。
その楽器の状態は音の出ないポジションが沢山あったのですが、プレースタイルは確認出来ました。タッピングとスラップを多用するスタイルでしたので、試しに店頭の楽器で同じセッティングにしてみるとこのセッティングで自分の楽器も弾きたいとのことでした。
来週からイギリスに帰るので、一ヶ月後に日本に帰って来たときまでに仕上げる事になりました。
今までやった仕事の中でこんなに低いセッティングは初めてです。
一ヶ月後にお客さんに満足して頂けるように頑張ります。
ここまで低いセッティングだと、プレースタイルはもちろんの事環境に変化でのネックの動きにもサウンドに影響を与えてしまうので、一般的にはお勧め出来ないセッティングですが、、、、

外国人のお客さんが増えて来ているので、英語の勉強をもっとしなければと感じています。
今の所、力ずくでなんとか伝わっているような?
posted by kaz at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45885977
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック