2014年05月01日

AKGのヘッドホン

野平工房の業務日誌を開設しました。
http://nohirakobo.sblo.jp/

そしてこちらのブログはもう少し広い範囲の内容でUPする事にします。
今回取り上げるのはAKGのヘッドホンです。こちらはQUINCY JONESのモデルで白、黒、緑の三種類あります。
購入したのは緑のヘッドホンです。
DSC01269.jpg
3色ともケーブルは緑のようなので、ヘッドホンも合わせて緑にしました。

そしてそしてAKGのヘッドホンは去年位から生産国が中国に移動したそうで、現在市場にはオーストリア製と中国製が存在します。
値段設定は変えていないようですが、お店によっては生産国を明記した上で販売価格に差をつけて販売しているお店もあります。
生産国を明記していないお店のレビューを見てみると「中国製でがっかりしました」とか、「中国製だと思って購入したらオーストリア製でとても満足しています。」とか「中国製もオーストリア製も同じAKG社の商品なので差はない!それなのに高い金額でオーストリア製を買う人がおかしい」とか色々書かれてました。
今回はオーストリア製って明記してあるお店から購入しました。
音の差があるかは確認していませんが、やはり中国製の信用度は個人的にはまだ高くないからです。
DSC01272.jpg

商品はとても透明感のある音で楽器の練習をする時にとても重宝してます。
オープンタイプなので、長い時間使っていても耳が疲れないのが気に入ってます。
中国製品の中にも良いものもあるのは解っているつもりですが、皆さんはどう考えますか?
個人的にはオーストリアの会社はオーストリアで日本の会社は日本で作って欲しいと考えます。

DSC01271.jpg
posted by kaz at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
国内S社のモニターヘッドホンに比べて、AKGはすごく
音楽的な使い心地のヘッドホンだと僕は感じます。
それに、なによりヘッドバンドが調整不要なので
ものぐさな僕にもぴったりです。

生産が中国に移った話はだいぶ前からありますね。
その前はオーストラリア・・・あ!
AKGはオーストラリアじゃなくて、オーストリアの会社ですよ!
Posted by わしゃわしゃ at 2014年05月01日 20:48
修正したんだけどサーバーの調子がよくないみたいでまだ、修正出来てないんだけど、そうそう、オーストリアの会社です!
買ったお店でヘッドホンのエイジングCDが付いて来ました。
試してないけど、このCDを流すとヘッドホン特性が安定するとの事です。
イマイチ試す気になれないんだけど、、、、
Posted by kazu at 2014年05月02日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95008089
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック