2015年04月02日

2015年04月01日のつぶやき






posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2015年04月01日

2015年03月31日のつぶやき


posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2015年03月31日

2015年03月30日のつぶやき






posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2015年03月30日

2015年03月29日のつぶやき












posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2015年03月29日

2015年03月28日のつぶやき




posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2015年03月28日

2015年03月27日のつぶやき
















posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2015年03月27日

2015年03月26日のつぶやき


posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2015年03月26日

2015年03月25日のつぶやき


posted by kaz at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2014年05月13日

バダス2の謎

ベーシストにはお馴染みのバダス2ブリッジですが、一般にはfender社のJAZZBASSやPRECSION BASSのリプレイスメント(交換用)パーツとして発売されています。
ブリッジはサウンドを作る上でも重要なパーツで交換するとサウンドはかなり変わります。
個人的には立ち上がりが早く押し出しが強く音程感もかなり出るパーツだと思います。
当工房のオリジナルブランドTriple Crossの殆どのベースにもこのバダス2ブリッジを搭載しています。

DSC01388.jpg

このバダス2の一番不思議な所はfender社のベースのリプレイスメント用に作られたとしたら、fender社のベースに空いたネジ穴の位置とバダス2の位置が微妙に違うのです。
穴の開け直しが必要な程は違いませんが取付け時に両サイドのネジは少し傾いた状態でないと取付けが出来ません。
この穴の位置は埋め直して改善しようとしても元の穴との誤差が少ない為に大きな穴を開けて埋め直さなければ改善出来ない程の少ない誤差です。(多分両側で3mm程度かと、、、)
多分ブリッジ交換した人は殆どが穴の埋め直しをせずにそのまま取り付けていると思います。
当工房も穴加工はせずにそのまま取付けています。
そこで何で穴の位置をfender社の穴の位置に合わせて作ってないんでしょうか?
知人に話すと「アメリカ人だからその位の誤差はあるんじゃない?」って言われましたが、こんなに長い間そのままで販売するでしょうか?
この穴の誤差は意図的に作っているのではと思うのですが、、、、、
では、何の為に、、、、
殆どのエレキギターは沢山のパーツがネジで止まって出来ています。
ネジはメーカーによって下穴がタイトに開けられている物と割とルーズに開けられている物とが存在します。
また使っていくうちに緩くなって行くものもあります。
ネジ以外にも接合部はあります。ネックポケットもその一つですが加工すると音が変わります。(今迄の経験上ネックポケットがタイトに出来ている楽器とある程度ルーズに出来ている楽器では音色が違うと感じています。)
この辺はタイトの方が良いとかある程度ルーズの方が良いとか賛否ありますが、音が変わるという認識を持っている人は多いのでは?
タイトは方がそこの部分のストレスが大きくルーズな方が少ないと思いますが、
箇所によってルーズの方が良い箇所とタイトな方が良い箇所があってバダス社はブリッジはある程度のストレスが必要だと考えているのではないのでしょうかね?
考え過ぎでしょうかね?
この辺もどちらが良いのか同じ条件で検証が出来ないので謎のままです。
posted by kaz at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2014年05月11日

CRLレバースイッチ 3WAYの謎! 続編

前回のクイズ形式やっぱり反応薄でした。
facebookでほぼ正解がでたので、紹介します。
「3点ハーフトーンを輪ゴムで実現してました!判りません。回路が違うのかな?コンデンサーの接続が変わるとか?」
最後の部分がほぼ正解です。
説明しますと、レバースイッチは2回路3接点です。
くだいて言いますと3つの端子がコム(それぞれの端子のセレクトされた所と接続される端子)と繋がる仕組みになっています。
2回路なのでこの仕掛けが二つ付いているスイッチがこのレバースイッチです。
ミュージックマンなどに使われている4回路5接点ってレバースイッチがありますが、ここで紹介しているレバースイッチはあくまで2回路3接点の3WAYスイッチに限った話です。
ストラトキャスターの配線は2回路のコム同士が配線されていて、片側の回路のそれぞれの端子にフロント、センター、リアのピックアップが配線されています。
これでセレクトレバーを倒すとピックアップのセレクトが切り替わる仕組みになっています。
コム同士が配線されている事でもう一つの回路にもピックアップで発生した電気信号が送られますので、
そこからトーンポットに信号が送られトーンが効く仕組みになっています。
ヴィンテージタイプのストラトキャスターにはリアの端子には何も配線されていない為リアピックアップにはトーンは効いていません。
リアピックアップの端子をセンターピックアップの端子に接続するとリアピックアップをセレクトした時もセンターピックアップのトーンポットノブを回すとリアピックアップにもトーンをかける事もできます。
今迄お会いしたミュージシャンの方でセンターピックアップの端子には何も接続しないでその代わりにリアピックアップのポジションに接続してる方も何人かいらっしゃいました。
センターピックアップでトーンコントロールは使わないのでその代わりにリアピックアップで使っているとの事です。

ここからが本題ですが、この2回路のスイッチの端子が全く同じタイミングで切り替われば問題はないのですが、特に古いCRL製の物は切り替わるタイミングに誤差があって例えばフロントとセンターのハーフトーン時にピックアップはフロントとセンターの端子の両方と繋がっている状態の時にトーンはフロントトーンの端子とだけ繋がってる状態があるのです。
そして少しセンター側に寄った時にセンターのトーン端子に触れる事でフロントとセンターの二つのポットと干渉します。
フロントとセンターのトーンコントロールの位置が違っていると音質の差が出るのです。
例えばフロントのトーンが0でセンターのトーンが10の時に片側しか干渉しない状態と両方に干渉している状態では音質はまるで違います。
最近のCRLスイッチはかなり精度が上がっていてなかなかこんな事は起きませんがちょっと端子をいじってわざとこのような状態を作る事も出来ますから試してみたら面白いと思います。
スプリングも少し伸ばしてあげるとハーフトーンで止まるようになりますが、伸ばしすぎると使いにくいのでこの辺はちょっと難しい作業です。

仕掛けが解るとスイッチ単体で回路を見ながらレバーをガチャガチャいじってるだけでも楽しいですよ。まぁ最初のうちはですけど!
DSC01380.jpg

文章で説明するの難しいです。解りにくくてごめんなさい。
posted by kaz at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ

2014年05月10日

CRLレバースイッチ 3WAYの謎!

3WAY式のレバースイッチでセレクトのレバーの位置を中間にするとハーフトーンがする。
この辺はジミーヘンドリックスが演奏中にたまたまスイッチが真ん中で止まった時のサウンドが気に入りよく使ったポジションだとか、そうでないとか、、、、、
まだ、ギターラブで働いていた時に元CAROLの内海さんと話した事があってその3WAYのCRLのレバースイッチの話になった。
今使っているストラトが5WAYなので3WAYのスイッチに交換したいとの事だった。
「ハーフトーンは使わないんですか?」と聞くと「使うけど3WAYと5WAYのスイッチでは音が違う。」との事。
「え????ホントですか?」
話を良く聞いてみると例えばフロントとセンターのハーフトーンの時に5WAYだと1種類のサウンドしか出ないけど3WAYだと少しフロントに寄ってる時とセンターに寄ってる時で音が違うらしい!
そんな事あるの?当時ギターラブの伊藤さんと接点の面積で音が変わるんだろうか?
めちゃめちゃ謎でした。
試してみたが音が変わったって印象は全くないし、気のせいじゃないですかね〜なんて思っていたら。
伊藤さんが「野平君、分かったよ!」
説明されてお〜納得!
確かに音変わりますね、実際にギターに取り付けて音で確認しました。
確かに音違います。

それは、、、、、、

これだと思う理由が分かった方はコメントに投稿してください。
ブログが読まれているのが不安なので、
今回は思考を変えてクイズ形式にしてみました。
ちなみに発見したギターラブ伊藤さんにはブログに書く事を承諾してもらいましたのであしからず。

DSC01379.jpg

次回に続きます。
posted by kaz at 15:26| Comment(316) | TrackBack(0) | パーツ